四十肩・五十肩でお悩みの方

四十肩・五十肩とは?

四十肩、五十肩は、その名の通り40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩と呼ばれているだけで、違いはなく、 正式名称は肩関節周囲炎です。(肩こりとは別物)

 

四十肩・五十肩の原因は?

肩こりが筋肉の疲労や血行不良が主な原因なのに対して、四十肩・五十肩は加齢による肩関節の炎症が原因となります。

一般的には、年齢とともに、肩にある関節を覆う膜や骨同士を結びつける役目をする靭帯の柔軟性の低下によるものと考えられています。

また上腕部の筋肉と骨をつなぐ腱板が加齢に伴い、変性して炎症を起こすことも原因と考えられています。

臨床的に、これらを引き起こす原因は2つあります。

①姿勢不良 と ②疲労・酷使です。

《①姿勢不良》

やっていただけるとわかりますが、背筋をまっすぐした状態と、猫背や巻き肩の姿勢ですと、明らかに肩の上がりやすさが違うことにお気づきになると思います。

姿勢が悪いと、肩の負担が増し、炎症が起こり、四十肩・五十肩が発症してしまいます。

 

《②疲労・酷使》

仕事や家事での肩や腕、腰の酷使により、筋肉などが固まり、関節がスムーズに動かなくなっていきます。

(肩を回した際に「コキコキ」音がする場合は、動きが悪くなってきている兆候)

段々と、肩がスムーズに動かないので擦れ磨耗していき、やがて炎症が起き、激しい痛みとともに、四十肩・五十肩が発症します。

ですので、姿勢の改善とともに、肩だけでなく、腕や背骨など固まっている箇所を見つけていき、治療していく事が重要になっていきます。

(一般的には、痛み止めや湿布、温めたり、電気治療、肩のマッサージが治療の中心になってしまっています。)

四十肩・五十肩の経過 時間が経てば自然と治ることもありますが、放置すると、関節が癒着して動かなくなることもあります。

そして完全に治さない場合は、炎症を繰り返し、痛みが走るようになり、「腕が上がらない。」「上着の袖に腕を通すのがひと苦労。」「気づいたら痛みで夜も眠れない…。」といった症状を繰り返し、「拘縮肩」という痛みが強く、全然肩が動かない、固まった状態になってしまいます。

ですので、痛みがひいた場合でも、しっかりと関節が動くように治す事が重要となります。

一般的な四十肩・五十肩の施術は?

病院では、レントゲンをとり、痛み止めや湿布、注射での治療となります。

リハビリや接骨院もありますが、温めたり、電気をあてたり、「動かなくなっているので、動かしましょう」という事で振り子体操や、肩周りのマッサージ痛い中無理やり関節を動かして柔らかくしていこう、とするものが多いかと思います。

しかし、症状を引き起こす姿勢不良や疲労して固まった腕や背骨などが治療されなかったり、関節や組織の癒着が治療されなかったりするため「痛いまま変わらない」「一向に腕が上がらない、治らない…」といった具合になります。

当院の四十肩・五十肩に対するアプローチは?

当院のアプローチは、まず、四十肩・五十肩の原因である、

疲労により固まり癒着を起こしている部位を発見し、「組織間リリース」という文字通り、組織(筋肉や脂肪、神経、血管など)と組織の間の癒着を取っていく治療を行なっていきます。

それから

姿勢不良に対して施術をし、肩に負担のかからない状態を作り、再発を防ぎます。

慢性的な生活習慣によって時間をかけて作られている症状ですので、やはり改善にも数回の治療が必要になります。

当院では週1度、6〜10回程の施術で改善していく方が多いです。

四十肩・五十肩のお客様の声、

 ➡ 事例

✅「どこに行っても良くならなかったのに、1回で良くなりました!もっと早く来れば良かったです!」

五十肩

✅「腕が重くて痛くて、あげられませんでしたが、スッとあげられるようになりました!」

五十肩整体

 

✅腕が後ろに回らないのは、胸の筋肉の硬さに原因があった方です。

この方も1度の施術でここまで変わりました。

四十肩

 

四十肩・五十肩でお悩みの方へメッセージ

四十肩・五十肩は、「放っておけば治るよ」、と言われて結局治らなかったり、複雑な原因が関係しているため、しっかり治療されずに「どこに行っても良くならない…」と諦めてしまいやすい症状です。

ですが当院では、原因をしっかり特定し、しっかりと治療していきますので、諦めずにぜひ当院に一度ご相談ください。

お待ちしています。

LINE

お知らせ 一覧ページ

    登録されている記事はございません。