腰痛の緩和のために定期的に通院

43歳女性 会社員の方からの質問

腰痛の緩和のために定期的に通院しています。

しかし、通院の導線が悪く、通院回数を減らすためには持続的な効果がある施術方法はありますでしょうか?

例えば、倍の料金を支払っても効果が2倍持続するような方法などです。

また、最近では体が慣れてきて、緩和効果が短くなっているように感じますが、それは通院期間と関連しているのでしょうか?

回答

ご質問ありがとうございます。

通院回数を減らしつつ持続性のある施術方法についてお伝え致します。

通常のマッサージや骨格の矯正などの施術では、時間の経過とともに筋肉が再び硬くなり、骨格も歪みが生じるため、効果が長続きしづらいという特徴があります。

また、通院期間が長くなると身体も施術に慣れ、緩和効果が短くなる可能性もあります。

マッサージや骨格の矯正

これに対して、持続性のある施術方法としては、癒着や組織のくっつきにアプローチすることが重要です。

筋肉や脂肪組織、血管、神経などの癒着が関節を固まらせ、姿勢を歪める原因となっています。

そういった癒着を取り除く施術を行うことで、2倍以上の効果を体験し、効果を持続させることができます

このような施術により、通院回数を減らしながらも効果を高めることができます

筋肉や脂肪組織、血管、神経などの癒着

ただし、具体的な施術方法や効果の持続期間には個人差があります

身体の状態や症状の程度によっても異なるため、専門の整体師に相談し、適切な治療計画を立てることが重要です。

定期的なメンテナンス施術や自宅での適切なストレッチやエクササイズも、持続性を高めるために役立ちます

要点をまとめると、持続性のある施術方法としては、癒着を取り除く施術が効果的です。

癒着が解消されることで痛みなどの緩和効果が高まり、効果も持続します。

当院では、そういった癒着を取る組織間リリースという施術を行っております。

持続性のある2倍以上の効果がありますので、ぜひ当院にも一度ご相談くださいね。

関連記事

  1. 腰痛に悩まされている

    腰痛に悩まされている

  2. 慢性的な腰痛

    慢性的な腰痛

  3. 長時間デスクワーク、最近腰痛が酷い

    長時間デスクワーク、最近腰痛が酷い

  4. 子どもを産んでからたびたび腰が痛む

    子どもを産んでからたびたび腰が痛む

  5. 背中から腰にかけてずっとコリ

  6. 痛みの原因と治療の覚悟

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE

お知らせ 一覧ページ

    登録されている記事はございません。