妊娠出産が腰痛の原因になる

妊娠出産が腰痛の原因になる

妊娠出産時には腰に負担がかかりやすくなります。
妊娠初期にはホルモン分泌の影響で生理痛と同じような痛みが起きます。
妊娠後期になると大きくなったお腹を支えるために腰に負担がかかってしまい、腰痛に悩まされる妊婦さんは多くいらっしゃいます。
出産時には骨盤が大きく動くことが原因となり、腰痛も重くなる方が多い様です。
腰が痛くても妊娠中のみならず産後も授乳に悪影響を及ぼしますのでむやみに鎮痛剤や湿布を使用することは避けましょう。
痛みがひどい時には産婦人科で相談して正しい処置をしてもらいましょう。

関連記事

  1. ダイエットで、スタイルを改善

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE

お知らせ 一覧ページ

    登録されている記事はございません。